2005年12月25日

ヨーゼフホフマン クーブス L2 アイボリー

ヨーゼフホフマン クーブス L2 アイボリー

Josef Hoffmann / ヨーゼフ・ホフマン (1870-1956) 代表作はウィーン、ホーエン・ヴァルテにあるモーザー、モル、ヘンネべ ルク、シュピッツアーの各邸宅、ウィーン近郊プルカースドルフのサナトリウム(1903)ブリュッセルのストックレー邸、(1905-1911)ヴェニス・ビエンナーレ展用の展示パビリオン(1934) ヨーゼフ・ホフマンは 平面的な壁面の処理や幾何学的形態を 多様したデザインが特徴。デザイナー集団と知られている「ウィーン工房」を主宰し、モダンデザインの先駆者として活躍した建築、家具、照明器具、装身具など幅広い分野でデザイン界に活躍をした巨匠です。彼が目指したものは、よりよい素材を求めて探し続ける事。そして完璧なパフォーマンスの実現のために努力する事だった。この「クーブス」ソファも、そんなホフマンの幾何学的形への情熱から生み出された。ブエノスアイレスの展覧会の為、1910年にデザインされた。20 世紀初頭のモダニズムの巨匠の代表的な作品を当社オリジナルで製作してみました。

生地:PVC(丈夫で汚れてもお手入れが簡単です。)
サイズ: W1680mm、D750mm、H710mm、SH420mm、AH710mm
色:アイボリー

さらに詳しくご覧の方はコチラ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

モダニズム
Excerpt: モダニズムモダニズム(modernism)#近代主義のこと。20世紀初頭の実験的な芸術運動。(本項で記述)19世紀の末、カトリック教会で起こった運動で、現代にふさわしい信仰を主張し、異端とされた。モダ..
Weblog: 建築辞典
Tracked: 2006-01-01 13:36
もしもドロップシッピング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。